教育目標

学校教育目標 「心ゆたかに たくましく生きる子の育成」

めざす児童像   重点目標-自ら考え行動する子

○みんな明るく 元気な子     ○やさしく 思いやりのある子

○がんばって 取り組む子     ○せっきょく的に 行動する子

めざす学校像

○楽しい学校     ○美しい学校     ○創造する学校

支える教師像

○児童一人ひとりを大切にし、子ども・家庭・地域に信頼される教師

○絶えず研鑽に励み、自らの力量を高める教師

○「チーム宮ヶ瀬」で支え合い、仲間と協働してよりよいものをめざす教師

 
知識及び技能





何を理解しているか
何ができるか
〇基礎・基本の定着
〇言語能力の育成
・ICTの活用
・全校スピーチ活動
(感想や意見交換の
 充実)



〇自立・自律
・生活のきまりの遵守
 あいさつ
 時間を守ること
・児童会・委員会活動
〇互いを大切にする
 人間関係の育成
・ハッピータイム
・福祉体験教室
〇健やかな体の育成
・朝の体力づくり
 (持久走 長縄)
・やまびこマラソン
・緑小合同マラソン
・カヌー教室
〇基本的な生活習慣の定着
・手洗いうがいの励行

思考力・判断力・表現力








理解していること
できることを
どう使うか
〇主体的・対話的で深い学びの実現 
・既習事項の活用
・見通しを立て、振り
 返りをする学習活動
・体験活動を通した
 課題の発見
・情報活用
 プログラミング教育
・協働的問題解決
・表現の充実
 伝える相手や状況に
 応じた表現
〇自己肯定感・自己効力感を高める活動
〇道徳教育の充実
 ・思いやり
 ・生命尊重
 ・地域を愛する心
〇体験活動の充実






〇減災・防災・安全教育
・実際に即した訓練内容を 取り入れ、自分で考えて 速やかに対応できる力の 育成








学びに向かう力・人間性等



〇めあてに向かって
 根気強く取り組むこと
〇家庭学習の定着
〇学びを地域に役立てる こと
〇自然や地域を大切にし 活用すること



〇体力づくりの日常化




学校の体制等

〇授業改善 
 指導体制の工夫・充実
〇児童指導・支援の組織
 的な対応
〇施設・教材・教具の点検
 管理

社会とつながる学校

〇学校運営協議会(CS):学校・家庭・地域と協働しながらの学校運営
(やまびこ会 住民センター 財団・水エネ 村社会福祉協議会 等) 

〇小中連携

〇緑小との交流(児童会活動 集団生活の中での学び)