ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
 学校長挨拶
               校長  波塚 浩司

 

 平成30年度は1名の1年生が入学し、2年生4名とともに生徒数5名、教職員13名でスタートしました。

本校は、おそらく県内でも最小の生徒数の学校ではないかと思います。そ
れ故の課題があることも確かですが、逆にこの環境でしかできない、この
環境だからこそできる利点を最大限に生かした教育を行っていきたいと
考えています。

今年度、特に指導の重点として全教職員で確認している目標は、「生徒個々の学力の向上 「自ら考え、判断し、行動できる生徒の育成」 です。

     教科指導の充実のために、29年度同様、可能な限りTT(ティーム・ティーチン
グ
)の形を取り、複数の教員を配置して授業にあたります。そうするこ
とで、生徒一人ひとりに丁寧に対応し個に応じた指導を進めながら、学
習内容を確実に身につけさせることを目指します。

     学校生活の様々な場面において、教師からの指導・助言を最小限にとどめることで、生徒自らが判断し行動できる力を身につけさせることを目指します。

 

 保護者、地域の皆さま方のご協力、お力添えを頂きながら、生徒たちが毎
日のびのびと楽しい学校生活を送り、そして着実に成長していけるよう、教
職員一同努力していきたいと思います。何かお気づきのことなどありました
ら、なんでもご連絡ください。

 今年1年間、どうぞよろしくお願いいたします。       

フッターイメージ